防災グッズの用意はしていますか?
地震等の災害が来てからでは、何をしても手遅れです。
困らないように、防災グッズを避難袋に入れて普段から管理しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

地震対策と防災グッズ

地震などの防災グッズの用意が出来たら、持ち出しやすい場所に置いておくようにしてください。
間違っても、押入れの奥に眠らさないようにしましょう。

では、避難袋に入れておきたいものを紹介していきます。

最初に、肝心の避難袋についてです。
地震時に避難するのに、手にカバンを持っているというのは大変不利になります。

両手が空くように、リュック型のものを選ぶようにしましょう。
両手が空いていれば、障害物をよけたり子どもを抱っこしたりできます。

では、避難袋に入れておきたい防災グッズは何でしょうか。

まずは非常食。これは欠かせません。
よく用いられるのが、「かんぱん」ですね。
保存もききますし、水やガスがなくても食べられる、非常食の定番です。

他にも、防災用のおかゆなどのレトルト系、パン、お菓子といったものがあります。
あまり多く持ちすぎると逆に邪魔になりますので、3日間分ぐらいの用意でいいでしょう。

食料以上に大切なのが、水ですね。
ペットボトルの水を用意しておけば、最低の飲み水は確保することができます。
避難先で水場を利用できるように、水を持ち運ぶことができるような給水パックもあるといいですね。
簡易の浄水器なども用意しておくと、さらに安心です。

普段はなかなか使いませんが、あると大変助かる防災グッズが、携帯ラジオと懐中電灯です。
地震などの非常時には、情報をいかに入手するかが鍵になります。
電池が不要な手動型の災害用ラジオが販売されていますので、用意しておきましょう。

また、携帯電話の充電器もひとつ用意しておくといいですね。
電池がなくなった携帯電話は、なんの役にも立ちません。

手動で充電できる携帯電話用の充電器も販売されていますので、ラジオと一緒に購入しておきましょう。

乾電池も、少しでいいので用意しておくといいです。
単3や単4はよく使いますので、1パックずつ程度用意しましょう。
電池がないと動かない器具もやはり出てきますので、念には念をです。

そして、簡単なものでいいので救急セットも作っておきましょう。
包帯、湿布、消毒液、軟膏、胃薬や頭痛薬などの必要最低限のものは入れておきましょう。
一緒にサランラップを入れておくと、止血で使うことができます。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

地震対策防災グッズ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://j.153m.com/earthquake/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。